東京MXTVの「5時に夢中」でお話しさせて頂きました。

4月5日に当協会に「自己肯定感」のテレビ取材がありました。

東京MXTVの「5時に夢中」の月曜日の「追跡ベスト8」のコーナーで、テーマは「巷の人はどのくらい自分を価値のある人間だと思っているのか?」という調査を街中でしていき、その結果を踏まえながら、そこで自己肯定感の専門家として、当協会の新宿パークタワーの事務所で、代表理事の工藤紀子が女性タレントのガウさんのインタビューにお答えするという形で、話をさせていただきました。

番組のディレクターさんによると、今回の取材のきっかけは、月曜のコメンテーターのマツコデラックスさんが、その前の週に取り上げられた日本の女子高校生が自分の価値を感じていないという日米中韓の比較を見て、とても驚かれて、そこに注目してくださったのがきっかけで今回の「自己肯定感」の取材に繋がったようです。

その日米中韓の高校生の比較の新しい調査データは2018年3月に「国立青少年教育振興機構」が発表したものです。

実際にテレビで放映されたものは、1時間の収録のうち数分ですが、これを機会に「自己肯定感」について少しでも多くの方に知っていただく機会になればと思います。

自己肯定感は人が生きていく上でとても大事な感覚です。

協会では、自分らしさを大切にしながら、人間関係を良好にして、自己成長していける100を超える「自己肯定感」を高めるワークを提供しています。
人生を変える「ラブマイセルフメソッド」にご興味のある方はこちらをご覧ください。
http://self-esteem.or.jp/seminars/

7月には、仕事をされている皆さんに向けての本が出版されます。「自己肯定感」がもたらす影響や重要さがご理解いただける内容になっています。また、ご紹介させて頂きますね。

事務局
Written By 事務局