企業、教育現場への提供

企業、教育現場への提供

今、なぜ職場や教育現場でセルフエスティーム(自己肯定感)が求められているのでしょう?

 

企業でも、個々人のセルフエスティーム向上を抜きにして、人材を育成することはもちろん、その職場で働く意義や職場での幸福度を上げることはできません。

セルフエスティームが職場に与える影響を理解し、この根幹となる部分を人材育成に取り入れ、生かしていけると、スタッフは安心して成長できるので、離職率は減り、仕事のパフォーマンスも上がっていきます。これはメンタルヘルスの面からも注目されています。

そして、多様性を受け入れながら、各々が成長を遂げていく現場では、様々な見方や考え方の存在を認めながら、自己理解と他者理解の土台となるセルフエスティーム(自己肯定感)がなくてはならないものとなっているのです。

多額の研修費用をかけて、研修を行っても、その研修効果が出る人と、出ない人の違いは、個人の能力や資質以前の「セルフエスティーム(自己肯定感)」が大きく影響していることを、近年、企業の人材育成担当者の方が気づき始めています。

 

それは当協会において、部下を持つ中間管理職の方向けの「セルフエスティーム」の研修依頼が、昨年度比3倍(2016年)になっていることからも顕著です。

職場を構成する個々人のセルフエスティームが、幸福な職場の土台となり、それが企業の力となっていると言っても過言ではありません。

 

個々人のセルフエスティームを高めることが、生きる質を高め、それを教育現場で生かせると、そのまま子ども達の学習意欲や能力を高めることに繋がります。企業では、経済活動を支える社員の能力を高め、人生で多くの時間を過ごす職場での幸福度を高めることに繋がります。

 

こうして「セルフエスティーム」に注目して、社員一人ひとりの人生の質をあげていくことができると、それはそのまま顧客満足にも反映され、企業の持てる力をさらに高めていくことができるのです。

社会活動において生まれる、生きにくさや不自由さは、一人一人が自分との関係性を良好にすることで、改善していけます。

そのために企業や教育現場では、一人ひとりがセルフエスティームを高め、自己信頼の高い状態を保つために何が必要かを理解し、それができるようになる土壌を整える必要があります。

 

そのベースができると、安心感というベースで育まれる意欲が真の向上心を育むので、受身ではなく、自発的で能動的に行動を起こせる人を育てていけるのです。それが企業を成長させ、教育現場では子どもの成長を促すものとなります。

当協会では、あらゆる企業様や教育現場において効果が出ている【セルフエスティーム(自己肯定感)向上メソッド】をご提供させていただきます。