当協会では、教員の皆さまや子ども達の自己肯定感を上げる研修プログラムをご提供しています。

日本の子どもたちをとりまく環境は?

近年、様々な調査において、日本の子どもたちの自己肯定感(セルフエスティーム)が他国の子どもたちに比べて低いという調査結果が示されています。

平成29年6月1日の政府の教育実行会議では、子どもたちが自らの手で未来を切り拓くためにも「自己肯定感を高めること」の重要性を認め、学校や家庭、地域の教育力を向上することで、子どもたちの自己肯定感を育む取り組み進めていくことを打ち出しました。
(第十提言)。

教育現場では、かねてから「自己肯定感」を育むことを視野に指導もしてこられていると思いますが、日本の子どもたちは年齢が上がるにつれて「自分への満足」「将来への希望」「自分への自信」が持てない割合が増えています。

又、2007年にユネスコが調査したOECD加盟国の15歳を対象にした「先進国の子どもの幸せ」の調査の中で「日本の子どもは世界一孤独である」と指摘されています。

日本青少年研究所の2011年の高校生の4カ国調査(アメリカ、中国、韓国、日本)では、日本以外では平均87%近くの生徒が「自分は価値ある人間だと思う」と答えていることに対して、日本の高校生は36.1%という結果が出ています。

横浜市立大学名誉教授 中西信太郎氏は、「今の子どもたちをとりまく学校という社会の中で、自分を肯定して、安心していられる状態が小4ぐらいからどんどん失われていき、高校生になると、自信を持てない生徒が6割以上になる。これは、勉強ができる、できないに関係なく起きていることで、国際的に見て日本の子ども(若者)の自己肯定感や自尊心は異常に低いことがはっきりしている。つまり学校生活の中で自尊心が奪われて行く、自分を肯定できない生徒が増えているというのが、日本の大きな特徴だ」と2016年の講演の中で述べています。

物質的に豊かで、戦争のない平和な日本の中にあって、子どもたちや若者が抱える生きにくさや葛藤の根底に「自己肯定感が低さ」があることは否めません。

教員を取り巻く環境は?

「日本の教員は生徒の主体的な学びを引き出すことに対しての自信が低い」

という調査結果が、2013年の日本を含む34カ国・地域が参加し、学校の学習環境と教員の勤務環境に焦点を当てたOECD国際教員指導環境調査による教員の自己効力感についての調査で示されました。

日本の教員は調査項目のいずれの側面においても、「高い自己効力感」を持つ割合が参加国平均を大きく下回っているという結果です。

中でも、「生徒に勉強ができると自信をもたせる」について、教師の自己効力感が示す回答「そう思える」は参加国平均が85.8%に対し、日本は17.6%、「生徒が学習の価値を見出せるよう手助けする」については参加国平均80.7%に対し日本は26.0%、「勉強にあまり関心を示さない生徒に動機づけをする」については参加国平均70.0%に対し日本は21.9%、「生徒の批判的思考を促す」については参加国平均80.3%に対し日本は15.6%となり、特に、「生徒の主体的学習促進」について調査した項目で参加国平均を大きく下回っている結果がでました。

分析では、「このような結果が出た理由として、日本の教員が他国に比べ、指導において高い水準を目指しているために自己評価が低くなっている可能性、実際の達成度にかかわらず謙虚な自己評価を下している可能性もある」としていますが、子どもたちの主体的な学びを引き出すことに対しての自信が低く、ICTの活用等の実施割合も低いという結果がでした。

これらの要因を作り出しているもののひとつに、教員の勤務時間の長さもあげられるかもしれません。勤務時間は参加国平均が1週間で38.3時間に対して、日本は53.9時間にのぼります。

オランダでは、先生は教室に常駐し、職員室はありません。それは、先生が教育に専従できる環境が整っていることを示しています。一方、日本の先生は、多数の事務業務や課外活動の指導があり、先生たちが子どもたちへの学びを引き出すことに対して自信がもてない要因の一つに、教育だけに専従できない現状もあげられるのではないでしょうか?

子どもたちの自己肯定感は、家庭の役割も大きく影響しますが、一日の大半をすごす学校における先生から受ける影響は計り知れません。

自己効力感と「自己肯定感」の関係とは?

「自己効力感」というのは、自分のやることはうまくいくという感覚であり、まだ形にしていないものに対して形にできるという自己への信頼が高い状態であり、自信です。

このOECDの調査で示されている先生の「自己効力感」は、学校の先生が「自分が生徒に対して、良好な効力を発揮できる」と感じられていないことを示しています。

ただし、いきなり「自己効力感」を上げようと思っても、それは難しい言わざる得ません。なぜなら、「自己効力感」は、「自己肯定感」が土台にないと持てない感覚だからです。

先生たちの「自己効力感の低さ」は、「自己肯定感」が持てていない、自己肯定感の低さを示しているといえるのです。

これまでの教員の方に向けた研修の中で感じたのは、教員の方の「自分に満足するレベル」の基準の高さです。それはそのまま自分に対しての「評価の厳しさ」がうかがえました。自己達成レベルを高く設定しているので、その条件を満たない自分に対して、どんな自分であってもそのままの自分をなかなか〇(マル)と受け入れられない方が多くいらっしゃいました。

それが「できないところがあっても、欠点や短所があってもそれが自分だと受け入れること、そういう自分であっても自分の価値を下げることにはならない」という「自己肯定感」の基本的な感覚を持てず、自分への自信につなげていけない要因になっているのかもしれません。

それでは当然「自己効力感」は低い状態になります。

先生たちが「自己肯定感」を持てない現状は、それはダイレクトに子どもたちに影響します。

学校でできる自己肯定感を高める取り組みは?

これまで教員の方に向けた「セルフエスティーム(自己肯定感、自己有用感)」の研修で、先生たちの感想の中にもありますが、「自己肯定感」の本質的な理解や先生自身の自己肯定感を高める方法、先生の自己肯定感が子どもたちの指導に影響を与えること、などを理解されていないケースに度々直面し、教員の方が「自己肯定感」について学び、ご自身の自己肯定感を高める場が不足しているのではと感じました。

OECDの国際教員指導環境調査(TALIS)の結果を受けて、校内研修等で、教員が日頃から共に学び合うことが指導改善や教員の意欲の向上につながっているという分析も出されていますが、教員の方が「自己効力感」をもって子どもたちと関われるようになるためにも、教員の方が「自己肯定感」について学ぶ機会を持つことが非常に重要なのではないでしょうか?

それが直接子どもたちの自己肯定感を高めることに繋がるとともに、教員の皆さんが意欲と自信を取り戻し、持てる力を発揮しながら、子どもたちの成長や将来の希望、学習意欲を高めることに貢献できる本来の喜びを感じていけるようになるのではないでしょうか? それはそのまま教員の方のメンタルヘルスの強化、メンタル不調の改善にもつながります。

研修プログラムのご紹介

当協会のプログラムはこれまで2万人の大人たちを対象にして効果を上げてきた「自己肯定感(セルフエスティーム)」を高めるプログラムをベースに、「自己肯定感」についての本質的なことをお伝えし、誰もがいつからでも「スキル(技術)」として高めていけるメソッドを使います。

教員の方向けのプログラムは、参加される教員の皆さまが子どもたち視点で、どう自己肯定感を高めていけるかを理解し、自分自身に照らし合わせながら理解を深め、ご自身の「自己肯定感」も高めるきっかけにしていただきます。

子どもに効果的なスキルと、自分自身に効果的なスキルを体得します。

又、教育の場では、子どもたちが他者の存在を前提として自分の存在価値を高めていく「自己有用感」を、子どもたちに持たせることを重要視して、「自己有用感」を高めための指導を強化したいと思われている学校も多いかもしれません。

実は「自己有用感」は「自己肯定感」と密接にかかわっています。そのために、自己肯定感を向上するメカニズムを理解していないと、自己有用感だけを単独で高めることはできないのです。自己有用感は自己肯定感に支えられています。

自己肯定感の土台があって、自己有用感は育まれ、そこに家庭や学校の連携や地域社会からの良好な働きかけが加わると、子どもたちの生きる意欲となる「自己知有用感」となり、それが再び子どもたちの自己価値や自信になり、自己信頼が強化され、自己効力感へと高めていけるのです。

研修の時間は2時間から承らせていただいております。お問い合わせをいただきましてから、ご要望に合わせたプログラムをご提案させていただいております。

<研修をお受けいただいた先生方のご感想の一部>

◆これまで自分の中で「自己肯定感」の意義や定義があいまいな部分が多くありましたが、本研修で、その本質というものが少しずつ理解できました。
◆教員としての具体的な指導法の研修も大切であると思いますが、このような原理的な部分の理解を深めるための研修も改めて重要であると感じました。
◆学級で起こる問題の原因に、自己肯定感の低さがあるということが自分の中で驚きでした。生徒との信頼関係を第一に考える必要があると思いました。
◆自己肯定感がすべての土台であり、自己肯定感の大切さをあらためて感じ、今後は生徒に対する声がけを意識したいと思った。自分の自己肯定感を高めること、生徒たちの自己肯定感を高めること、これからの教員生活で意識していきたいと感じました。
◆自分が思っていた以上に、自分の自己肯定感が低いことに驚きました。自分を知るって大切だと思いました。生徒の自己肯定感、自己有用感を向上させるためにも、まずは自分自身が向上できるよう取り組みたいと思いました。

子どもたち、保護者に向けた講演

子どもたちには「自分の未来を切り拓く自己肯定感」という演題で、保護者の方には「子どもの未来を切り拓く自己肯定感を育む家庭の役割とは」という演題で1時間からの講演を承っております。

後日、講演をさせていただいた学校の校長先生から、『講演を聞いた後、生徒たちがすごく変わりました。これまであまり自信が持てていなかった子どもたちが、明るくなって自信がついてきているのは、短所や欠点があってもそれが自分の価値を下げることにはならず、それが自分だと認めてあげることを、講演の中で教われたからだと思います』というご感想をいただきました。

4ヵ国の高校生の心と体の健康に関する調査

  • 私は価値がある人間だと思う(YES)
  • 私は自分を肯定的に評価する方だ(YES)

(出典)「高校生の心と体の健康に関する調査(2011年3月)」
財団法人 一ツ橋文芸教育振興協会、財団法人 日本青少年研究所

教員の自己効力感【生徒の主体的学習参加の促進について】

  • 日本
  • 参加国平均

項目1:生徒に勉強ができると自信を持たせる
項目2:生徒が学習の価値を見出せるよう手助けする
項目3:勉強にあまり関心を示さない生徒に動機付けをする
項目4:生徒の批判的思考を促す

(出典)教員の自己効力感【生徒の主体的学習参加の促進について】
OECD 国際教員指導環境調査(TALIS)

「未来を切り拓く自己肯定感を育む家庭の役割とは?」