田端とも那(たばたともな)

現在高校生の息子と娘を育てる傍ら、地元川越市内『輸入雑貨アネシス』を経営して12年目。
来店されるお客様が自分らしく最幸に輝いていただけるよう『心と身体』の“美と健康”を全力でサポート。
年々多くの方々からのご支持をいただき、最近では口コミで他県から来店されるお客様も急増中。
セルフエスティームを自ら実践することで、子育てや、お客様へのサービス向上は勿論、恋愛面でも究極のパートナーシップを身につけられたことで昨年ハッピーウエディングを実現。
プライベートでも新たなステージアップをすることができました。

私は大学在学中に児童教育を専攻し、『子どもの意欲と思いやりを育てるための子育て論』を中心に学んできました。
卒論では『自己実現』をテーマに選び、「自己実現を達成できる人になるための親の養育態度」について研究を進めました。
そのため、いつか子ども達が生き生きとした人生を送るために、もともと人間に備わっている自発性を阻害しないよう、子どもを信頼し、叱らない教育を実践したいと思っていました。

しかし、実際に私自身が母となり子育てをしてみると、そこに多くの矛盾を感じ、現実とのギャップに悩み、試行錯誤の日々の連続でした。
自信を失いがちで心にも余裕が持てず、擦り切れていました。
そのような中で紀子先生との出逢いをいただき、「ラブマイセルフ・メソッド」を学びました。
セミナーの中で、私自身の自己肯定感が低く、自分に安らぎの許可を与えていないのに、子ども達のすべてをありのままに許容できる筈もないことにも気づきました。
私にとってまさに目からウロコの思いでした。

日々丁寧に自分自身と向き合い、頑張っている自分を認めてあげて励ましていくうちに心も身体もどんどん軽くなり、すべての人間関係が好転していくのを実感しました。
何より毎日が心から楽しくなりました。
そして、幼児の教育論を学んできた私にとって「幼少期やこれまで育ってきた環境で育まれた自己肯定力のベースが低くても、誰でも自らの手でいくらでも挽回することができる。」という点は、本当に衝撃的なことでした。

自己実現を達成した人は、それにつながる成功や失敗のプロセスをいくつも経験しています。
私もこれまでの人生でいっぱいいろいろな経験をし、その度にたくさんの感情の変化も味わってきました。
自分に対する信頼・自身を高め、自分との関係を良好のする「ラブマイセルフ・メソッド」。
何があっても大丈夫。
揺るがない自分になれた今、自己肯定力の大切さを等身大でお伝えすることが私の使命のひとつだと考えています。
一緒に味わい深い人生の旅を楽しみましょう!

講座のお申し込みはこちらをクリック





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

受講講座名 (必須)

講座日時 (必須)

お電話番号 (必須)

講師選択 (必須)
入門講座、ベーシック講座、子育て講座以外は「本部講師」をご選択下さい

郵便番号

住所(必須)

メッセージ本文

受講規約

【受講規約】
当協会の講座(セミナー)を受講される方は、下記の項目をお読み下さい。その主旨に同意された方の受講をお受けしております。

講座受講規約

第1条(適用範囲)
本規約は、一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会(以下、「協会」といいます。)が主催するすべての講座(以下、「本講座」といいます。)を対象とし、効力を生じます。

第2条(受講の申込み)
本講座の受講申込みは、協会等が定める所定の方法に従って行うものとします。

第3条(受講契約の成立)
本講座の受講の申込みの後、受講料の決済が完了した時点で受講契約が成立するものとします。但し、申込み後5日を経過して受講料の決済をした場合、協会等の承認があった場合のみ、受講契約が成立するものとします(既に定員に達している可能性があるためです。なお、協会等の承認がない場合、決済済みの受講料の全額から返金にかかる手数料を差し引いた額を返金します。)。

第4条(受講料の額)
受講料の額は、講座ごとに、別途定めるものとします。

第5条(決済方法)
本講座の受講料の決済方法は次に定めるとおりです。
(1)銀行振込(一括支払い)
受講料の全額を、協会等が指定する銀行口座へお振込み下さい。
(振込手数料は支払いをする方のご負担とします。)
振込先の銀行口座は、受講の申込みの後に協会事務局、又は各担当講師よりメール等の方法によりお知らせいたします。
(2)クレジットカード決済
クレジットカード決済を導入している講座に限り、クレジットカード決済ができるものとします。

第6条(講座開催日前の解約)
本講座については、次に定めるとおりのキャンセル料が発生いたします。なお、本講座が2日以上に亘り開催される場合は、「講座開催の日」はその最初の日をいい(以下、同じ)、「講座開始」とは、その最初の日の講座が始まる時点をいいます。また、本講座のキャンセルの通知があった時点は、メール、郵送その他明確な方法による通知が協会等に到達し、協会等が覚知した時点をいいます。(お客様のご都合でキャンセルされる場合のご返金は事務手数料1000円がかかります)

講座開催の日の10日前から3日前までの間にキャンセルの通知があった場合
受講料の額の50%の額
講座開催の日の2日前から講座開始の24時間前までの間にキャンセルの通知があった場合
受講料の額の70%の額
講座開始の24時間前以降から講座開始までの間にキャンセルの通知があった場合
受講料の額の100%の額

第7条(講座開講日以降の解約)
講座開催の日以降の受講者からの解約(受講契約の解除)は認められませんので、解約の申し出をされても受講料の返金は一切いたしません。

第8条(受講料の返金)
受講者の都合による欠席については、受講料の返金は一切いたしません。

第9条(講座の振替)
受講者が講座に出席できない場合において、協会等が認める場合は、別の日程をもって開催される同一の内容の講座に振替えて出席をすることができます。

第10条(講座開催の中止)
本講座の受講の申込者が2名に満たない場合、協会等は講座の開催の日の1週間前までに、既に受講申込みのあった者に通知をし、講座の開催を中止することができます。その場合、既に支払いのあった受講料はその全額を返金するものとします(なお、その他に受講者に生じる損害がある場合でも、協会等はその賠償の義務を負わないものとします。)。

第11条(講座修了等の要件)
本講座の全カリキュラムを履修の上、所定の要件を満たした方のみ受講修了となります。なお、本講座が資格の認定を受けうる講座であっても、受講修了をした上で協会が別に定める要件を満たした場合に限り資格の認定を受けられるものとし、資格の認定は、保証されているものではありません。

第12条(資格の認定)
本講座が資格認定に関する講座である場合、講座受講の修了後、試験合格、認定料の支払い等の協会等が別途定める要件を満たした場合にのみ、その資格認定がなされるものとします。

第13条(著作物)
本講座の受講において、受講者が受領したテキスト等の著作物(ノウハウ等を含め、以下「本著作物等」といいます。)に関する著作権は協会に帰属し、受講者が協会の事前の承諾を得ずに、当該著作権を侵害する行為(次に掲げる行為を含むがこれらに限られない。)を行うことを禁じます。
(1)本著作物等の内容を、自己又は第三者の名をもってウェブサイトに掲載する等インターネットを通じて公衆に送信する行為
(2)本著作物等の内容を、引用の範囲を超えて自己又は第三者の著作物に掲載する行為
(3)私的利用の範囲を超えて、本著作物等を複製・改変等をして第三者に配布する行為

第14条(秘密保持)
受講者は、本講座を受講するにあたり、協会等によって開示された協会等固有の技術上、営業上その他事業の情報並びに他の受講者より開示されたそのプライバシーに関わる情報を秘密として扱うものとし、これらの情報を使用し、又は第三者に開示することを禁じます。

第15条(遵守事項)
受講者は、本講座を受講するにあたり、次に掲げる事項を遵守しなければなりません。
(1)協会等及び講師の指示に従うこと及び他の受講者の迷惑になるような行為、言動等をしないこと
(2)本講座の受講において知り得た内容につき、その完全性、有用性、正確性、将来の結果等について、協会等及び講師に一切の責任を求めないこと
(3)他の受講者に対して、マルチレベルマーケティング、ネットワークマーケティング、その他連鎖販売取引への勧誘、宗教等への活動の勧誘、商品及びサービス等の購入の勧誘並びにセミナー等への参加への勧誘(これらの勧誘とみなされる一切の行為を含む)を行わないこと
(4)本講座の内容につき、録音又は録画をしないこと

第16条(受講資格の失効)
次に掲げるいずれかの事由に該当した場合には、本講座の受講資格を失効し、その後、当該講座並びに協会等の如何なる講座の受講もできなくなります。また、失効した場合においても、受講料の返金は一切しません。
(1)本規約又は法令に違反した場合
(2)公序良俗に違反し、又は犯罪に結びつくおそれのある行為を行った場合
(3)協会等の保有する著作権、商標権その他の知的財産権を侵害した場合
(4)協会等又は協会等の利害関係人に対し、誹謗中傷をしたと認められる事実がある場合
(5)本講座の受講申込みその他協会に伝えた情報に虚偽の内容がある場合
(6)協会等の事業活動を妨害する等により協会等の事業活動に悪影響を及ぼした場合

第17条(地位の譲渡)
本講座の受講者の地位を第三者に譲渡することを禁じます。また、受講者が死亡した場合、受講資格は失われるものとし、地位の承継は一切できません。但し、受講者が本講座の受講をできない場合、事前に協会等の同意を得た場合に限り、代理の方を受講させることができます。

第18条(損害賠償)
受講者は、本規約及び法令の定めに違反したことにより、協会等及び講師を含む第三者に損害を及ぼした場合、当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第19条(免責事項)
本講座の遅滞、変更、中断、中止、情報等の流失又は消失その他本講座に関連して発生した受講者又は第三者の損害について、協会等は一切の責任を負わないものとします。

第20条(条項等の無効)
本規約の条項のいずれかが管轄権を有する裁判所によって違法又は無効であると判断された場合であっても、当該条項以外の本規約の効力は影響を受けないものとします。

第21条(協議事項)
本規約の解釈について疑義が生じた場合又は定めのない事項については、信義誠実の原則に従い協議の上、円滑に解決を図るものとします。

以上