代表理事挨拶 

21世紀になり、これまでの価値感や生き方が問われています。

20世紀のように「物」をいかに所有するか、本質よりも外見の満足に価値を置いていた時代から、今は“本当の自分”を生きていくことの大切さと価値に気づき始めています。

混沌とした生きづらい時代だといわれている今だからこそ、ひとりひとりが自分を尊重し自分を愛する力を高めていくこと、自分を受け入れ肯定して生きていくことが何より大切になっています。そのベースなくして、自分の本質を表現する自分らしい生き方には結びつきません。

自分の人生を生きるとき、自らの価値を感じながら、「自分の質」を高めることが、誰かの人生を生きるのではなく、自分が求める豊かな人生の主人公となる大事な鍵となります。

昨今、日本において危惧されるのは、子どもから大人まで一人一人の「自己肯定力」「自分を認め自分の価値を感じる力」「自分は大切な存在なんだ」「自分と同じように周りの人も大切な存在なんだ」という「自分を愛し、周りを大切にする」感覚の希薄さです。

大人の社会でも、人間関係での悩みは後を絶ちません。

私たちは、自分との関係性をベースに、自分を取り巻く環境を創ります。ここで、「自分を肯定し、自分を認め、自分を愛せるようになると、一気に他者との関係性が良好になっていくのです。

ここに生きにくさから脱却するヒントがあり、これをクリアできると人間関係は驚くほどスムーズになり、仕事や人間関係、恋愛や結婚生活も見違えるほど、うまくいくようになります。

一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会では、より多くの人たちが、自分に自信を持ち、生き生きと幸せに自分らしく生きていける世の中にしていけるよう、セミナーや講演活動、企業研修を通して、自分を愛し、自己肯定力を高めるための活動を行っていきます。

最終的には、地球上の子どもたちが、自分は生きている価値があるんだ、自分は愛される存在なんだ、自分は生きている意味があるんだと感じられるように、ひとりひとりの子どもの存在価値を根本から支えていく教育事業に広げていけたらと願っています。

一人でも多くの人が「自分はしあわせになるために生まれてきている」「自分が思っている以上にあなたはとても尊い存在なのだ」と気づき、「自分を大切にすること」「自分を愛すること」が本当の幸せの鍵であることに気づいてほしいのです。

自分を愛することから生まれる本当の他者への愛によって、自ら『喜びの波動』を広げていき、周りの人への愛の気持ちや優しさを自然に高め、一人から始まった「しあわせの波動」がどんどん大きくなり、日本からやがて世界へ、そしていつか地球全体を優しく包んでくれることを祈りながら「自分を愛し、セルフエスティーム(自己肯定感)」を高める活動を広げるために、全身全霊でそのプロジェクトに取り組んで参ります。

自分を愛することで自己肯定感が高まり、一人一人の心の中に小さな小さな愛の火種が生まれ、自分を大事にできる、自分を愛せる人が少しでも増えてくれますように。

そして自分を愛するように周りの人へも愛と優しさを広げていける人が沢山増えていきますように。

多くの方と分かち合える喜びが沢山生まれますように。

今後共、よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

 

一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会
代表理事 工藤紀子