21世紀になり、これまでの価値感や生き方が問われています。

ご挨拶

20世紀のように「物」をいかに所有するか、本質よりも外見の満足に価値を置いていた時代から、今は“本当の自分”を生きていくことの大切さと価値に気づき始めています。

混沌とした生きづらい時代だといわれている今だからこそ、ひとりひとりが自分を尊重し自分を愛する力を高めていくこと、自分を受け入れ肯定して生きていくことが何より大切になっています。そのベースなくして、自分の本質を表現する自分らしい生き方には結びつきません。

自分の人生を生きるとき、自らの価値を感じながら、「自分の質」を高めることが、誰かの人生を生きるのではなく、自分が求める豊かな人生の主人公となる大事な鍵となります。

昨今、日本において危惧されるのは、子どもから大人まで一人一人の「自己肯定力」「自分を認め自分の価値を感じる力」「自分は大切な存在なんだ」「自分と同じように周りの人も大切な存在なんだ」という「自分を愛し、周りを大切にする」感覚の希薄さです。

大人の社会でも、人間関係での悩みは後を絶ちません。

私たちは、自分との関係性をベースに、自分を取り巻く環境を創ります。ここで、「自分を肯定し、自分を認め、自分を愛せるようになると、一気に他者との関係性が良好になっていくのです。

ここに生きにくさから脱却するヒントがあり、これをクリアできると人間関係は驚くほどスムーズになり、仕事や人間関係、恋愛や結婚生活も見違えるほど、うまくいくようになります。

一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会では、より多くの人たちが、自分に自信を持ち、生き生きと幸せに自分らしく生きていける世の中にしていけるよう、セミナーや講演活動、企業研修を通して、自分を愛し、自己肯定力を高めるための活動を行っていきます。

最終的には、地球上の子どもたちが、自分は生きている価値があるんだ、自分は愛される存在なんだ、自分は生きている意味があるんだと感じられるように、ひとりひとりの子どもの存在価値を根本から支えていく教育事業に広げていけたらと願っています。

一人でも多くの人が「自分はしあわせになるために生まれてきている」「自分が思っている以上にあなたはとても尊い存在なのだ」と気づき、「自分を大切にすること」「自分を愛すること」が本当の幸せの鍵であることに気づいてほしいのです。

自分を愛することから生まれる本当の他者への愛によって、自ら『喜びの波動』を広げていき、周りの人への愛の気持ちや優しさを自然に高め、一人から始まった「しあわせの波動」がどんどん大きくなり、日本からやがて世界へ、そしていつか地球全体を優しく包んでくれることを祈りながら「自分を愛し、セルフエスティーム(自己肯定感)」を高める活動を広げるために、全身全霊でそのプロジェクトに取り組んで参ります。

自分を愛することで自己肯定感が高まり、一人一人の心の中に小さな小さな愛の火種が生まれ、自分を大事にできる、自分を愛せる人が少しでも増えてくれますように。

そして自分を愛するように周りの人へも愛と優しさを広げていける人が沢山増えていきますように。

多くの方と分かち合える喜びが沢山生まれますように。

今後共、よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会
代表理事 工藤紀子


HP:http://venus-create.jp/ (10年間で延べ14,000人以上のセミナー開催)
HP:http://self-esteem.or.jp/ (セルフエスティーム協会のオフィシャルサイト)
HP:http://self-esteem.info/ (自己肯定感のポータルサイト)
FB:https://www.facebook.com/noriko.kudo.56

講演、活動実績

●松戸市教育委員会
「(仮)感情マネジメント講座~ネガティブな感情をコントロールしよう~」(2018年12月実施予定)
●(公財)こうち男女共同参画社会づくり財団「女性のためのエンパワメント研修(5時間)」(2018年10月実施予定)
●栃木県高等学校教職員組合 教育フォーラム 教員向け研修(2018年9月実施予定)
●平成31年度版 「中学生の道徳」中学1、2、3年で「自己肯定感」の教師用指導書執筆(2018年8月予定)
●平成31年度版 「中学生の道徳」中学1、2、3年で「自己肯定感」のコラム執筆(2018年3月)
●㈱学研教育みらい 道徳ジャーナル 臨時増刊号(2018年2月)
21世紀心の時代に「自己肯定感は、自信を取り戻すための起動力です」3ページ執筆
●群馬県伊勢崎市立境南中学校 講演 (2017年12月)
「自分の未来を切り拓く自己肯定感」
●神奈川県立高等学校PTA連合会湘南鎌倉地区大会(2017年10月)
「未来を切り拓く自己肯定感を高める家庭の役割とは?」
●東海村立東海南中学校 教職員研修 (2017年8月)
「自己肯定感を土台にした生徒の自己有用感向上研修」
●群馬県伊勢崎市立境西中学校 講演 (2017年7月)
「自分の未来を切り拓く自己肯定感」
●Gakken 教育ジャーナル(教職員雑誌)(2017年5月号)
「ひと模様」工藤紀子が6ページ掲載
「自分を認める」というシンプルなことから見える世界が変わり、幸せも集まる
●横浜市立中学校様 自己肯定感についての全校生徒向け講演(2016年12月)
「自分の未来を切り拓くく自己肯定感」
●鳥取県立境港総合高校様 特別支援教職員研修会(2016年10月)
「自己理解と他社理解の土台となるセルフエスティーム」
●横浜市の教職員対象:宿泊研修(2014年12月)

企業研修
●NTT労働組合様 企業本部役員研修 (2017年9月)
「自分マネジメント研修」
●日鉄日立システムエンジニアリング様(2017年5月)
メンタルヘルス強化のための「セルフエスティーム向上研修」
●NTT労働組合様(2017年1月)
「セルフエスティーム(自己肯定感)を高め笑顔溢れる幸せ職場に」
●日本赤十字社 関東甲信越ブロック血液センター様(2016年11月)
中間管理職のための「セルフエスティーム向上研修」
●宿屋大学(2016年10月)
「サービス業のための自己肯定感アップ講座」 部下の幸福度を高めるセルフエスティーム
●住友化学 労働組合様 (2016年9月)
リーダーが職場で生かす組合委員一人 ひとりの幸せのためのセルフエスティ―ム向上研修
●新宿区会計事務所 「理念共有研修」(2015年6月~11月)
自己肯定力で社員一人ひとりの幸福度を高める(全6回)
セルフエスティ―ム向上研修
●一般社団法人 日本変身ビューティ協会 (鹿児島2015年10月)
「セルフエスティーム向上研修」
●ユニリーバ主催:「ダブ セルフエスティーム プロジェクト」 (2014年12月2日)
ユニリーバが世界展開している「ダブ・セルフエスティーム・プロジェクト」の中で、日本におけるダブと、ガールスカウトによる少女の自己肯定感を向上させるための協働プロジェクト「大好きなわたし~Free Being Me(フリービーイングミー)~ プレス発表会

HP:http://self-esteem.or.jp/ (セルフエスティーム協会のオフィシャルサイト)
HP:http://self-esteem.info/ (自己肯定感のポータルサイト)
HP:http://venus-create.jp/ (10年間で延べ15,000人以上のセミナー開催)
FB:https://www.facebook.com/noriko.kudo.56