一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会定款

平成25年 5月 2日 作 成
平成25年 5月 2日 公証人認証
平成25年 5月 2日 設 立

 

第1章 総 則

(名 称)

第1条
当法人は、一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会と称し、英文では、TheJapan Institute of Self-Esteem と表示する。

(目 的)

第2条
当法人は、個人の日常生活や社会経済活動を幸福で価値のある豊かなものとするためには、個人のセルフエスティーム(セルフエスティームとは、ありのままの自分を認め、そこに価値を感じられる「自己肯定感、自己尊重感」といった人が生きていく上で不可欠な自分自身への感じ方のことをいいます)を高めることが必要であるという理念に基づき、個人のセルフエスティームを高める機会を創出し、セルフエスティームを高める重要性とともに、当法人の考える自己肯定感を高める方法(ラブ・マイセルフ・メソッドといいます)を普及させることで、セルフエスティームを一般に広く知ってもらい、ひとりでも多くの人が自分に自信を持ち、自らの人生に価値を見出し、不自由なところから解放され、生まれてきたことを享受し、互いを尊重しながら共に発展向上する社会創出に寄与することを目的とします。

当法人は、上記の目的を達成するため、次の事業を行う。

1.セルフエスティーム及びラブ・マイセルフ・メソッドに関する調査、研究及び教育事業

2.セルフエスティーム及びラブ・マイセルフ・メソッドに関するセミナー、研修及び講演会の実施

3.セルフエスティーム及びラブ・マイセルフ・メソッドに関する評価指標の策定と認定資格の創出並びに認定資格の普及

4.セルフエスティーム及びラブ・マイセルフ・メソッドに関する情報収集及び提供

5.セルフエスティーム及びラブ・マイセルフ・メソッドに関するコンサルティング支援

6.セルフエスティーム及びラブ・マイセルフ・メソッドに関する出版及びWEB制作事業

7.セルフエスティーム及びラブ・マイセルフ・メソッドに関する会員組織運営

8.前各号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業

(主たる事務所の所在地)

第3条
当法人は、主たる事務所を東京都新宿区に置く。
(公告方法)

第4条
当法人の公告方法は、官報に掲載してする。