「セルフエスティーム(self-esteem)」は「自己肯定感、自尊心、自尊感情、自己評価、自己有用感、自己重要感」と日本語訳されます。この言葉ひとつひとつを厳密に使い分けることもできますが、当協会では、「自己肯定感」という用語で広くとらえております。

自己肯定感とは?

自己肯定感は、自己価値に関する感覚です。「自分は大切な存在だ」「自分はかけがえのない存在」と思える心の状態であり、そのままの自分を認め受け入れ、自分を大切に思える、自らの全存在を肯定する感覚のことです。

自己肯定感(セルフエスティーム)は、高い、低いと表現されますが、自己肯定感(セルフエスティーム)が高いから良い、低いから悪いということではありません。この感覚は人の優劣を決めるものではありませんが、この感覚が高いか、低いかが人の人生に与える影響は大きくなります。

自己肯定感が高い人の傾向は?

・自分に対して安心感がある
・自信があり、能動的
・周りに振り回されない、
・物事を肯定的に受け止められる
・自然な意欲で行動に移せる
・自分を肯定的にみられる
・物事を肯定的に受け止められる
・自分を尊重するように他者も尊重できる
・人との違いを受け入れられる
・感情が安定している
・生きるのが楽
・問題解決能力が高い
・失敗を成長の糧にしていける
・他者の意見を聞くことができる
・人の評価に振り回されない
・人をジャッジしない
・人間関係が良好
・自分の考え(意見)を伝えられる
・自分の人生は自分で決めている感覚
・主体性が高く、自分軸

自己肯定感(セルフエスティーム)が低い人の傾向は?

・不安や怖れを持ちやすい
・自信がなく、受身的
・他人の評価で自分を判断する
・人に評価してもらわないと不安
・他人の評価に振り回される
・人と比べて、落ち込みやすい
・他者の意見を聞くことができない
・自分を否定的に見る
・物事を否定的に受け止めやすい
・自分で自分を満たせない。
・他人をジャッジする、
・生きにくさがある
・人間関係にトラブルを抱えやすい
・失敗すると自己価値まで否定しがち
・自分がジャッジされる不安をもつ
・人との違いを認められない
・自分を正当化しないと不安
・他者に対して批判的傾向
・自分の考え(意見)が言えない
・問題解決能力が低い
・罪悪感を持ちやすい
・自分の人生は他人に決められている感覚
・主体性が低く、他人軸

「自己肯定感が高い」と「自分勝手」の違いは?

自己肯定感を高めることを『自分勝手になることなのではないか?』と心配されることがありますが、それは違います。自分勝手は「自分さえ良ければいい」という感覚です。

自己肯定感が持てていない偏った自己愛は、自分は尊重しても、相手や周りは尊重しない、自分の価値は認めても、相手の価値は認められないことです。

人とのバランスが推し量れず、どちらかというと自分さえよければいいと身勝手な行動をとりやすい傾向の人は、真の自己愛が持てている(自己肯定感が高い)とは言えません。

自己肯定感が高く、真の自己愛が持てていると、身勝手な自己愛ではなく、自分を大切に、尊重し、価値があると思うように、同じように相手を尊重し、相手にも価値があると思えるのです。

これは、自己肯定感が高まると自然にそうなるものですが、自分に向けた愛を、同じように周りにも向けられているかが大切になります。

人生の質を左右する自己肯定感

「自己肯定感(セルフエスティーム)」は人が生きていく上で、一番土台になる大切なものです。「自己肯定感」の土台となる「自分との関係」を良好にすることが、自己を信頼でき、自信を持つ土台をつくります。それが人生のあらゆる面を豊かにし、人生の質を左右するのです。

生きていく上で、この自己肯定感(セルフエスティーム)が人生に及ぼす影響を理解し、自己肯定感を高めていく人生と、そうでない人生では、受け取るものが大きく違ってしまいます。

自己肯定感はどう高めていける?

「自己肯定感(セルフエスティーム)」は、生まれてから長い時間をかけて、親や関わる大人、育った環境や人生経験という多くの複雑な要因がからみあい形成されます。子どもの最初のセルフエスティーム(自己肯定感)は、生まれてから3、4歳までの親の子どもに対する言葉がけや働きかけ、育て方によって決定します。

たとえ子どもの頃、自己肯定感を十分に高められる環境になかったとしても、自己肯定感が低いまま大人になったとしても、何も心配することはありません。

なぜなら自己肯定感(セルフエスティーム)は、いつからでも自分で高めることができるからです。

「自己肯定感」は、スキル(技術)として高められます。

スキル(技術)を使えば、誰でもトレーニング次第で、高めることができます。

たとえ大人になって、自己肯定感が低いと感じていたとしても、スキルとして「自己肯定力」を高める方法を知り、トレーニングをすれば、誰もがいつからでも、挽回できるのです。

当協会の自己肯定感を高めるメソッドとは?

当協会でお伝えしている自己肯定感を高める方法は、これまで14年間、2万人に及ぶ方々が実践し、その効果を実感していただいている「ラブマイセルフ・メソッド®」です。

ただし「自己肯定力」を上げるトレーニングは、効果を実感するまで、地味で時間がかかります。一朝一夕ですぐに身につくものではありませんが、それは結果を出すアスリートが取り組んでいる「体幹トレーニング」そのものです。

自己肯定力を上げる「心の体幹」ができると、自分との関係性が良好になり自信が持てるようになります。すると仕事の人間関係やパートナーシップ、親子関係など、全ての人間関係によい影響を与え、その結果、自己実現が可能になり、社会的成果である仕事(経済面)や健康面、恋愛や結婚面も好転します。このように人生のパフォーマンスに直結していることが証明されています。

自分が望む人生を創り上げていく土台となるのが「自己肯定力」なのです。これは自分を幸せにするだけではなく、あなたの周りにも良い影響を与えていけます。

当協会では、認定講師による「自己肯定力」の数々のプログラムをご提供しています。また、企業様での研修、教育現場での教員の方に向けた研修や、生徒や保護者の方に向けた講演にも力を入れております。当協会では、自己肯定力を高めるお手伝いも行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

次の項目では、「今、なぜ日本で「自己肯定感」がますます必要とされているのか?」をお伝えしたいと思います。

※当協会では「自己肯定感」をスキルとして高めていくとき「自己肯定力」とお伝えしています。

(文責:当協会代表理事 工藤紀子)