自分をそのままに生きてみよう! - 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

自分をそのままに生きてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは。いつもありがとうございます。
日本セルフエスティーム普及協会 代表理事工藤紀子です。

自分をそのままに生きてみよう!

「こんなところが自分はダメだ」

誰でも、どこかに自分に
自信がない部分を
持っているのではないでしょうか。

たとえば夢や目標があって
「こんなふうになりたい」と思っても、

なかなか、そうはなれない自分がいると
自分の至らなさに失望して
落ち込んでしまう。。。

これはかつての私でした。

子どもの頃から

「メンタルが弱い」と思っていました。

だから、
悲しんだり、傷ついたり
気苦労も多くて
嫌な気分にもなりやすかったです。

でも、
そんな自分につきあってきて
30代で自己肯定感を高めようと思ってから

色々自己啓発本は読むけれど

「この自分は変わらない」と思ったのです。

そこで、

「弱い自分」をそのままに生きることにしました。

つまらない、ちっぽけな自分

そう感じていた自分を

十分に生きてみることから
少しずつ自分を
受け入れられるようになり

自分に小さなOKが出せるようになってきます。

ダメだと思っている自分と
どうつきあっていくかが分かると

これまでの生きづらさが
生きやすさに変わっていきました。

そのままの自分を生きはじめると

今の自分を否定して
変わらなくては、と
自分を責め立てることがなくなります。

「強くなくてもいい」

「弱い自分でも、このままの自分で大丈夫」

そう思えると、
どんどん楽になり

自分の弱さが気にならなくなり

何かを付け足さなくても
気負わずに自分らしく
生きていけるようになります。

すると、
それがその人の良さや持ち味、
個性やカラーになっていくことに気づけました。

つまらない人や
ちっぽけな人なんて
この世に誰ひとりとしていません。

あなたもそのままでオンリーワン。
誰もがそのままでオンリーワンなのです。

ダメな自分からでもスタートできる!

これが私たちがお伝えしている
自己肯定感を高めていく
最初のステップです。

************
【編集後記】

子どもの頃から
メンタルが弱かったわたし。

自分をそのままに
生きてみようと
思えたときから

人生は大きく変わりだしました。

かつて悩んでいたことが
それが克服できると

同じような悩みを持ち
生きにくさを抱えている人の
力になりたい!
そんな人たちを応援したい!と
心から思うようになりました。

それがそのまま、
日本セルフエスティーム普及協会の
設立理念になっています。

今は日本全国の認定講師の皆さんと
その思いを共有して

ラブマイセルフ100万人プロジェクトに
取り組ませていただいています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝をこめて
工藤紀子
************

私たち
日本セルフエスティーム普及協会は
講師の皆さまと共に

ラブマイセルフで
子どもの大人もハッピーに!を合言葉に

日本中の子どもと大人の未来を
明るく希望あるものにするために

全てのカギとなる
自己肯定感を伝える
ラブマイセルフ100万人プロジェクトの
活動に取り組んでいます。

自己肯定感を伝える講師に
ご興味がある方は

「認定講師無料説明会」を
随時開催しております。

よかったらご参加ください。

◆講師無料説明会の日程はこちら
↓ ↓ ↓
https://self-esteem.or.jp/briefing

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「今の仕事は自分に合っていない」そう思っても行動に移せないときは…
  2. 自己肯定感を伝える講師が足りません
  3. 私のコロナ太りが1週間で解消したダイエット法とは?!
  4. あなたから朝のあいさつしていますか?
  5. 家庭で幸せの循環を作りだすには?
  6. 親の言うことをよく聞く「いい子」ほど危ないって知っていましたか?…
  7. 自己啓発本の罠から脱出できた方法とは?
  8. 傲慢な人が本当は自信がない理由とは?

最近の記事

  1. 社会脳
  2. 心理的安全性
  3. インポスター症候群
  4. 転職
  5. 自己肯定感

アーカイブ一覧

PAGE TOP