ビジネスパースンのための【多様性と自己肯定感】 - 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

ビジネスパースンのための【多様性と自己肯定感】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

組織とは様々な人間の集合体です。そこには、新入社員、中堅社員、管理職、派遣社員、パートタイマー、アルバイト、そして外国の方と実に様々な年齢、キャリア、文化的背景の異なった人々がいます。更には学歴、文系・理系、所属部署、勤務地域なども多様性のひとつです。これらの多様性は、組織にとって外部環境変化に柔軟に対応するためにも、異文化衝突による新たなイノベーションを生むためにも必要なことです。

ところが、多様性をお互いが受容できていないと、価値観の違いによる他者への攻撃に繋がることもあるために、ときとして自分の周りに壁をつくり自分を守ろうとする人が出てきます。壁をつくってしまうと当然ながら円滑なコミュニケーションの妨げになります。

コミュニケーションは、人体に例えれば血液のようなもの。血液がそれぞれの細胞に必要な酸素、栄養分を届けるように、コミュニケーションは組織内で必要な情報、意思、感情を届けるものです。だからこそ、組織を成長発展させるためには、お互いが多様性を受け入れ、壁をつくらないコミュニケーションが不可欠です。

良いアイデアは安易な妥協で生まれるものではなく、お互いの自立したメンバーの意見交換によって生まれます。そのため、個々のメンバーのアイデンティティが確立していないと、常に他者からの影響を受けて自分が振り回されてしまい、活発な意見交換は難しくなります。

多様性が組織の強みとなるためには、先ずは各々のアイデンティの確立が必要であり、各々の高い自己肯定感が必要となるのです。高い自己肯定感があれば、自分を尊重しつつ、他者のことも尊重できるようになります。お互いの価値観の違いを認めることができると、そこから様々な学びやアイデアが生まれてきます。

(文責:林 哲郎

林哲郎講師の担当講座一覧

 

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 相手のせいだと思っていた嫌な気分は、他の誰でもない、自分に理由が…
  2. 孤独を楽しむ力とは?
  3. 誰もが欲しい「心の栄養」を与えられる人に
  4. ビジネスパースンのための【チャレンジと自己肯定感】
  5. 「まさか!」が起きた時のマインドセット
  6. 豊田真由子前議員と「自己肯定感」
  7. “自己肯定感ブームには飽き飽き”がもたらすもの
  8. 自己受容を阻むのは、心の中にいるもうひとりの批評家の自分?

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP