ビジネスパースンのための【チャレンジと自己肯定感】 | 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

ビジネスパースンのための【チャレンジと自己肯定感】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

現状を少しでも改善するために、自分を更に向上させるために何かにチャレンジしようと思ったことは誰にでもあるはずです。

ところが、そのような気持ちになったとしても「失敗したらどうしよう」とか「敢えて無理をする必要はないかな」とか「もうこの年では遅すぎるかな」などの色々な理由を見つけて、結局は諦めてしまったことはないでしょうか。

仮にチャレンジを始めたとしても何か壁にぶつかると「やはり自分には才能がないな」とか「そもそも自分には無理だったんだ」などの理由を見つけて、そこでやめてしまった経験はないでしょうか。

チャレンジは自分を成長させてくれるものですが、ここで高い自己肯定感がないとチャレンジして成果を出すことが難しくなります。なぜなら自己肯定感が低いと、どうしても「自信が持てない」、「失敗することが怖い」、「人の評価が気になる」などの傾向が強くなり、チャンレジすること自体を躊躇しがちになります。

一方、自己肯定感が高いと、「自分なら何とか出来るかも」という自己効力感が持てて、人の評価に振り回されることなく、たとえチャレンジが上手くいかなくても「結果は、結果であり、自己価値とは無関係」と考えることができます。

すると、たとえチャレンジして思うような結果が得られなかったとしても、それを次にどう活かしていくかと前向きに考えることができます。したがってチャレンジすることへのハードルが下がりますので、気軽に取り組むようになり、最初のチャレンジが上手く行かなかったとしても、何度でも目標を達成するまでトライを繰り返すようになります。

また、自己肯定感が高まり、自分の価値観にあったチャレンジである場合には、目標を達成するまでのプロセスにおいてもモチベーションは自然と高まり、どんどん積極的に前に進むようになり、結果的に目標に達成しやすくなります。

ぜひ、自己肯定感を高めていただき、失敗も含めてチャレンジすること自体を楽しんでください

(文責:林 哲郎

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自己肯定感は声に現れる?
  2. 目標を決めても、行動を起こせないときの対処法
  3. 子どもを「甘やかす」と「甘えさせる」の違いは?
  4. 「逃げるは恥だが役に立つ」自尊感情の低い男性
  5. 「ビリギャル」の偏差値低くても、自己肯定感は高かった
  6. 自己肯定感を高め、嫉妬をパワーに変える方法
  7. 「傲慢」と「高い自己評価」の違い
  8. 心と身体のセルフケア(NO.2)

最近の記事

  1. セフルケア
  2. 新学期

アーカイブ一覧

PAGE TOP