リーダーシップと自己肯定感ビジネスパースンのための【リーダーシップと自己肯定感】 - 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

ビジネスパースンのための【リーダーシップと自己肯定感】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

リーダーシップは、組織においてチームリーダーやマネージャーに必要とされるものですが、リーダーシップを発揮する上で重要なものは何でしょうか。

それには、決断力、統率力、洞察力、判断力、実行力と多くのことがありますが、実はこれらのものを身に付ける前にやるべきことがあります。

それは、部下との信頼関係の構築です。この信頼関係がないところで、例えば、幾ら決断力を発揮したところで、後ろを振り向いてみれば誰もついてきていないということが起こります。もちろん、決断力等はリーダーシップを発揮する上で大切なものではありますが、その前提として信頼関係が構築されていることが必要不可欠なのです。

では、どのようにして信頼関係を構築すれば良いのでしょうか。その答えとして、部下の手本となるような仕事ぶりを示す、部下からの質問に的確に答える、部下へ適切なアドバイスをするなどを考える人が多いと思います。確かにこれらのことは、リーダーシップを発揮する上で重要なことではあります。

ただ、この考えにはある視点が抜け落ちています。これらの答えは、如何に部下から信頼を得るかという視点からの発想ですが、もうひとつ重要なことは部下を信頼することです。なぜなら、上司が部下を信頼していないのに、部下からの信頼を上司は得ることはできないからです。

「今年の新入社員である彼、彼女は、確かに未熟ではあるが、今後の指導の仕方によって、必ず光り輝くはずだ」とダイヤモンド原石を見るように期待と共に信頼をすることが先ずは大切です。そうすると相手も信頼を寄せてくれて、信頼関係の構築に繋がります。信頼関係という言葉が表す通り、上司と部下との相互関係によって信頼関係は作られるのです。

ただ、ここで問題になるのは、人は誰もが欠点、短所、弱みを持ちますが、その欠点、短所、弱みを持つ部下を信頼するにはどうすればよいかということです。この点に関して、十分に理解していないと心の底から部下を信頼することはできません。

実は、部下を信頼するためには、上司が短所、弱みを持つ自分自身を信頼すること、即ち自己肯定感が高いことが必要なのです。短所、弱みを持つ自分を信頼することが出来て、初めて短所、弱みを持つ部下を信頼できるようになり、その結果として部下から信頼を獲得することができるのです。

したがって、リーダーシップを発揮するために先ずやるべきことは、自分の自己肯定感を高めることです。自己肯定感が高まれば、リーダーシップを発揮する上で大切なその他の決断力や統率力等も向上しますので、更にリーダーシップを発揮しやすくなります。

なお、短所、弱みは、見方を変えれば長所、強みにもなります。即ち、長所も短所もひとつの特性にしか過ぎず、実はそこには良い悪いはないのです。そのような視点で自分も他人も見ることも自己肯定感を高めることには有効です。

(文責:林 哲郎

パフォーマンス向上の為の講座はこちらがお勧めです。
【メンタルマネジメント】【ベーシック講座】

※林哲郎講師の担当講座は、下記のURLをクリックして「主催者」でご選択いただけます。

林哲郎講師の担当講座を選ぶ

認定講師は様々なテーマで勉強会をして知識を深めています。認定講師になって知識を深めたい方はこちらをご覧ください。

認定講師無料説明会

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. バニラの香りと、自己肯定感の関係は?
  2. 親の自己肯定感の低さが、子どもへの過度の期待を引き起こす
  3. 心と身体のセルフケア(NO.4)
  4. ビジネスパースンのための【多様性と自己肯定感】
  5. 姿勢に気を付ける
  6. 家庭にこそ「心理的安全性」
  7. 心の傷を回復する力は、自己肯定感だった
  8. 幼児期に「非認知能力」を育むことが大人になっても幸せを決定する

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP