カバヤ食品㈱様で新入社員研修を実施 - 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

カバヤ食品㈱様で新入社員研修を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2021年4月5日カバヤ食品株式会社様の新入社員の皆様に向けて感染症対策を十分に配慮して研修を実施させていただきました。

研修では新入社員の皆様が社会人として意識転換をされていく中で変化に柔軟に対応し、主体性を意識して自信をもって本来の力を発揮していただけるように「自己肯定感」をベースにした、自己肯定感の基礎となる「自己認識」と「自己理解」を深め、自己肯定感を高めるトレーニングを中心としたプログラムで参加者同士グループワークを行いました。

参加者のご感想の一部のご紹介

●自己肯定感という言葉は知っていたものの内容はしっかりと理解しておらず、今回の研修で理解し自分の中に落とし込むことができました。
今後は自分に対してだけではなく他人に対してもポジティブな発言を共有できるよう前向きな対話を心掛けたいです。自己肯定感を客観的に捉えるために、ペアワークやグループワークあkら自分の良さ、相手の良さを認め、発信していくことで、より深く自己理解できたと思いました。(M.I様)

●押し付けられるわけではなく、こういった考えもあるというところが良かったと感じました。実際にやっていけることや出来ることが多く見つかったので、勉強になったと思います。もともとアンガーコントロールが苦手で表に出してしまうタイプだったところを表に出さず、整理するようにはしていましたが、今回の研修でプロセスが具体的になったのでより整理しやすくなったと感じ、実践していきたいと思いました。(T.S様)

●自己肯定感について知っているつもりでしたが、今回、この研修を通してより深く広く理解することができました。考え方次第でネガティブなこともポジティブにできると気づけたので、自分の気持ちを一度問う時間を作りたいと思いました。多方面から学びを深めることができて良かったです。壁にぶつかる場面がこれから多々あると思いますが、自己肯定感を失わないようにしたいと思いました。(M.S様)

●一つ一つ丁寧に説明してくださり、自分自身の考えを確かめながらきくことができた。自分自身で何気なく思っていたことや意識していたこと、全く意識していなかったことが言語化されて、納得したことや発見があった。(H.U様)

●一番印象に残ったのは感情についての話です。私が腹が立った時に怒りの感情でいっぱいになるタイプだったのですが、それを深堀してあげることで冷静に対処できると知りました。自分に対してきちんとした事実を踏まえて客観的にみていきたいと思いました。落ち込んだり、自分のことを好きになれないのは客観的に見ていないということだと知れたからです。全体的に、改めて自分について考える時間になりました。自分を肯定してあげることは、他人も肯定できることだと思うので、自分を好きになってあげて、さらに周りを幸せにできる人物になりたいです。(N.O様)

●今日はありがとうございました。これからたくさんのことを覚え、時には失敗し、落ち込んでしまうこともあると思います。そのときには今日の講義で得たものを一つの解決方法として考えたいと思います。(S.M様)

●今までの自分の考え方を改められるような事ばかりで、とても参考になった研修でした。自分はマイナス思考に陥りやすいことが分かったので、そんな自分のことも認めてあげることが大切だと思いました。自分にできることを少しずつ実践して、少しでも前向きで明るい自分になりたいと思います。本日はありがとうございました。(Y.O様)

●自己肯定感が低いと思っていた自分が今回の研修で高いということが学べて良かったです。自分を褒めることや口で言うだけでなく書いてみることによって新しい発見があると思いました。さらに自分を理解していきたいです。(K.K様)

●自分の考えが必ずしも相手に分かっているとは限らないので、コミュニケーションをとること、自分が相手を理解しようとする努力も必要だと感じました。自分の頭の中での想像や決めつけで物事を判断してしまうとき、客観的に見て現実を見ていけるようにしていきたいと思いました。(Y.T様)

●私は小さいころから物事をマイナスな方に捉えてしまい、楽しいはずのことも楽しめなかったり、とても悩んでいました。今のそれは続いていたのですが、今回の研修で私の悩みの答えになる話を聞けて、とても良い経験になりました。自分のマイナス感情はないものにしなくていいということを学べて、全てをひっくるめて自分なんだなと思いました。これからの社会人生活にいかしていきたいです。(T.I様)

●研修で初めてゆっくり自分のことについて考えられて自分の好きなところが増えました。普段直接褒められる機会はなかったので少し照れくさかったかれどとても嬉しかった。これから、毎日実践ノートを使って習慣化していきたい。(A.K様)

受講された皆様の今後のご活躍を心から願っております。

今回、研修の機会を作ってくださいました人事部のご担当者様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

                                                         (代表理事 工藤紀子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近の記事

  1. 様々な意見を言い合える環境を作るため「心理的安全性」の重要さが指摘されて久しいのですが、上手く行っていないケースも多いようです。 多種多様な年齢、思考、習慣を持つ人々が安心して意見を言える環境を作り上げるのは本当に難しいことだと思います。
  2. 様々な意見を言い合える環境を作るため「心理的安全性」の重要さが指摘されて久しいのですが、上手く行っていないケースも多いようです。 多種多様な年齢、思考、習慣を持つ人々が安心して意見を言える環境を作り上げるのは本当に難しいことだと思います。

アーカイブ一覧

PAGE TOP