前に進むときにいつも立ちはだかっていたもの - 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

前に進むときにいつも立ちはだかっていたもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたは苦手なことがありますか?

どなたでも何か苦手に思っていることは
きっとあると思います。

私には、人生のどん底ともいえる試練の前から
前に進むときに、
いつも立ちはだかっていた
大きな「苦手」がありました。

それは

「人前で話すこと」と

「表に立つ(目立つ)こと」

それがあらゆることのブレーキになっていました。

極度のあがり症で、
当時の私は2人以上の前で話そうものなら

頭が真っ白になり

例えば、娘の学校の保護者会や
会社の会議で発言を求められたとき
自分の言いたいことの半分も言えませんでした。

それは成人になって
特に強くなっていたのです。

「あがり症」「話せない」
というコンプレックスは
自己肯定感が高まっても
なかなか克服できませんでした。

そして
「表に立つこと」
「自分の考えを表明する」ことなど
もってのほかでした。

恐怖心が強かったのです。

できるなら、身近な人の間でひっそりと
誰からも気づかれずに
周りからはできるだけ目立たずに
暮らしていたいという思いがありました。

まるで自分に透明人間の
マントを被せているイメージです。

なぜそう思ったのでしょう。

それは、「社会的な同調圧力」や
「出る杭は打たれる」

という思い込みがあり、
「批判にさらされたくない」という
思いがすごく強かったからです。

こう思うようになったのは
中学のときに中間テストの採点をめぐり、
「先生にひいきされている」と
クラスメートから言われて
周囲から浮いてしまったときの体験があります。

この出来事があって以来、
どんどん内向的になり
人前で自分の考えを言うことが
「怖い」と思っていたのです。

この2つの苦手意識をずっと抱えたまま
生きていましたが

そんな私にも2003年頃から
少しずつ変化が生まれます。

それは、41歳で
自分の夢や使命について
考えたことがきっかけでした。

30代は無我夢中で子育てと仕事を
こなしていましたが

ふと

「これからの私にできることは何があるのだろう?」

と考えたのです。

すぐには答えは見つからず
ウォーキングを習ったり、他にも習い事をしたりして

そのときは、
外側に何かできることを求めていました。

1994年から自分ひとりで
独自のラブ・マイセルフ(自己肯定感)を高める
トレーニングに取り組んでいましたが

自分ができることが「何か」を考えたとき

まだこのときは
「セルフエスティーム(自己肯定感)を伝えること」には
繋がっていませんでした。

なぜなら、自分の中にある
ラブマイセルフを高める様々な方法は
特別なものとは思っていなかったからです。

まして、セミナーや人前で伝えることなどは
全く選択肢にありませんでした。

それは、2つの大きな苦手を
潜在的に意識していたからだと思います。

思いだけが膨らんでいましたが、
そんな中、大きな影響を与えてくれたのが

本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」でした。

この本にすごく背中を押してもらいます。

自分の思いを発信するということに
すごく抵抗があった私でしたが、

友人にコミットの場に立ち合ってもらい
2004年の7月7日までに
メルマガスタンドに登録すると約束します。

そうしてなんとか「エイ、ヤー!」と
最初の一歩を踏み出すことができました。

このときは
自分を満たせるようになった私が

少し気恥ずかしいですが
自分から溢れる温かいものを
誰かに伝えたいと、そんな気持ちが
苦手意識より勝っていたのかもしれません。

実は、メルマガも恐る恐るでした。

でも、その思いとは裏腹に
ありがたいことに
読者の方からの感想をいただいたり
購読者が少しずつ増えていき
配信することが
だんだん楽しくなっていったのです。

そして、メルマガ配信の10カ月後、
不思議なことが起こります。

それは、その後
どん底の試練ともいえる出来事の
プロローグともいえる出来事でした。

次に続きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

※編集後記が最後にあります。
よかったらこちらもお読みいただけたら嬉しいです。

◆メルマガのバックナンバーはこちらでお読みになれます。
 ↓
https://self-esteem.or.jp/category/newsletter/

━━━━━━━━━
◆講座の御案内
━━━━━━━━━

【無料の自己肯定力入門講座】

自己肯定感が学べる初歩的な内容です。

これが無料?!
そんな嬉しいお声を沢山いただいています。

まだ「無料の入門講座」を受講されていない方は

日程はこちらで確認できます
 ↓ ↓ ↓ ↓
https://self-esteem.or.jp/mec-category/primer/

【ヒューマンスキルアップ講座】

人間関係に悩んだ時に
活かす自己表現の仕方や
人間関係で悩まないために知っておきたい
自己肯定感との関係について学ぶ2時間の講座

日程はこちらで確認できます
↓ ↓ ↓
https://self-esteem.or.jp/mec-category/human/

【自己肯定力を上げるベーシック講座】

受けたそばから自分にOKを出せるようになる
実践ワークと共に6時間で絶対的自己肯定感を
高めるステップを学びます

日程はこちらで確認できます
↓ ↓ ↓
https://self-esteem.or.jp/mec-category/basic/

【メンタルマネージメント強化講座】

自己肯定感を高めるには感情を
どう捉えて理解するかが非常に重要です

感情の理解とネガティブな感情の
具体的な対処法をトレーニング

自己肯定感を高める鍵となる
メンタルコントロールを学ぶ6時間の講座

感情の対処の仕方を学ぶメンタルマネジメントは
そのままストレスケアになります。

日程はこちらで確認できます
↓ ↓ ↓
https://self-esteem.or.jp/mec-category/mental_management/

【子育てがもっと楽しくなる!子どもの自己肯定力アップ講座】

子どもの幸せにつながる
自己肯定感を高める方法を知りたい方に

講座の日程はこちらで確認できます
↓ ↓ ↓
https://self-esteem.or.jp/mec-category/parenting/

—————
※オンライン講座で使用するZOOM(ズーム)はWEB会議やWEB電話が無料でできるアプリです。特別な知識がなくても、講師から送信させて頂くURLをクリックするだけで、参加することができます。
—————

自分のためだけではなく、
家族や周りを幸せにする鍵となるのが
自己肯定感です。

27年間で培ったノウハウは、
現在、大手企業様や教育現場で
ご提供させていただいています。

全国どこからでも
受講できるオンライン講座を開催しています。

************
【編集後記】

今、シリーズで
普段なかなかお伝えできないことを

こちらのメルマガで
お伝えさせていただいています。

「果たして、読んでくださる方はいるのかしら?」と

そんな思いもよぎりますが

かつての私のような境遇に
今ある方や

同じ思いをされている方がいたら

何かエールをお送りしたいという
気持ちで書かせていただいています。

お読みいただきありがとうございます。

(工藤紀子)
************

私たち
日本セルフエスティーム普及協会は
講師の皆さまと共に

ラブマイセルフで
子どもの大人もハッピーに!を合言葉に

日本中の子どもと大人の未来を
明るく希望あるものにするために

全てのカギとなる
自己肯定感を伝える
ラブマイセルフ100万人プロジェクトの
活動に取り組んでいます。

—————————————–
[職場の人間関係は自己肯定感が9割] 
工藤紀子著 フォレスト出版

お陰様で4刷です
好評発売中!

アマゾンで購入はこちら⇒https://amzn.to/3mxFyqi
—————————————–

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 一般社団法人 日本セルフエスティーム普及協会 事務局
 〒163-1030 新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーN30F
 TEL 03-5326-3487 FAX 03-5326-3001
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自分を変えられないときの対処法は?
  2. あなたが自分の一番の味方になってあげよう!
  3. かくれんぼの目的は○○○○ことだった!
  4. 「怒る」と「叱る」を混同しないために大切なことは?
  5. 企業研修には「自己肯定感」が必須になる時代
  6. 自己肯定感を伝える講師が足りません
  7. あなたが未来に向かうための2つのパターンとは?
  8. あなたから朝のあいさつしていますか?

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP