【ご感想】自己肯定力認定ファシリテーター養成講座 vol.2 | 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

【ご感想】自己肯定力認定ファシリテーター養成講座 vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

当協会の「自己肯定力認定ファシリテーター養成講座」を受講された皆様のご感想です。


A.Y様(女性)のご感想

Q. この養成講座を受ける前に感じていた不安や悩みは何かありましたか?

特にありません

Q. 養成講座を受けた後ではご自身のどんな変化がありましたか? 具体的にお願いいたします。

沢山のワークの中で、自分の特徴を知るというところでは、様々な感情や思考のパターン理解することで、不安や恐れが軽減されることを改めて感じました。
物事に対して、完璧を求めている思考に今なっている、、、など客観的に自分を振り返り、ワークで体験した自分で書き換えていくことで、受け入れるところは受け入れながら、感情に飲み込まれるということは減ってきていると思います。

Q. 受講されて、全体的なご感想をお願いいたします。

社会の中には物事の捉え方や様々な価値観が一人ひとり違い、また多様化しています。
そのことに翻弄されるのではなく、自分自身にフォーカスしていくことによって、自分も
他者もOKを出していける自己肯定感を学んだことは大きいと思います。

Q. 自己肯定力ファシリテーター認定コース」を受ける前と、受けた後では、あなたの中で、どのような心的変化、状況的変化がありましたか?

自分の生活、自分自身の物事の捉え方で、プラスの面に目を向けるようになりました。
嫌だなといった感覚や感情の中に深く陥ることが減ってきて、小さなことでも幸せを感じる機会がふえました。自分自身で心地よい環境を作り出すことも可能であれば、多くの人に知ってもらいたいという気持ちが強くなりました。
具体的にいうと、職場の中で否定的な話題や環境に関わらない自分にOKを出せるようになり、自分はどこにいても心地よい環境を作り出すことができると思えるようになりました。

R.K様(男性)のご感想

Q. この養成講座を受ける前に感じていた不安や悩みは何かありましたか?

自己肯定感は高くなってきたが、新しい職場でそれを維持できるか心配していた。

Q. 養成講座を受けた後ではご自身のどんな変化がありましたか? 具体的にお願いいたします。

この先、沢山の困難が待ち構えているかもしれないが、自分の力なら乗り越えていけると、自分自身を信じることができるようになった。それが自身の変化である。

Q. 受講されて、全体的なご感想をお願いいたします。

自己肯定感の大切さを再確認した。時間が経つごとに自分自身がどんどん幸福に満ちた感覚をもっていっていることが分かる。今後も自分自身を大切にし、周囲にこの幸福感を配っていく。

Q. 自己肯定力ファシリテーター認定コース」を受ける前と、受けた後では、あなたの中で、どのような心的変化、状況的変化がありましたか?

受ける前は、無理にプラス言葉を口にしていた。そうすることによって、不安を抑え込み、自分を鼓舞していた。対して、受けた後では、自然と楽観的な見通しを持つことができるようになった。それに加えて、例え想定よりうまくいかないことがあっても、その原因を冷静に分析し、改善策を見出すことができるようになった。そして自分がリラックスする時間を持つことに対し罪悪感を抱かなくなった。このような心的、状況的変化があった。

U.H様(女性)のご感想

Q. この養成講座を受ける前に感じていた不安や悩みは何かありましたか?

今回の講座でもまた泣いてしまうかも。→人前での自己開示への抵抗

Q. 養成講座を受けた後ではご自身のどんな変化がありましたか? 具体的にお願いいたします。

感情の整理を学んだことから、自分の感情を恐れる気持ちが弱くなった気がします。自分の感情を客観的に見られるようになったら他人の感情も汲み取れるようになりたいです。

Q. 受講されて、全体的なご感想をお願いいたします。

書くことは良いこと。書き出してみるというのは浄化の一つの方法ではありますが、今回は書き出した言葉の奥にあるものを探す視点に気づくことができ、とても良かったです。言葉の裏にある想いを汲み取って私の場合は初めて客観的になれることに気付きました。

Q. 自己肯定力ファシリテーター認定コース」を受ける前と、受けた後では、あなたの中で、どのような心的変化、状況的変化がありましたか?

嫌な気持ちになる時は認知の歪みが原因であることや、親との関係において親のおかれていた環境を理解していたつもりだったが一つ一つ丁寧に書き出してみることで、自分の中に落とし込み、納得することができた。結果、自己肯定感が上がり、些細な事であっても実行するようになった。

E.O様(男性)のご感想

Q. この養成講座を受ける前に感じていた不安や悩みは何かありましたか?

不安という訳ではないですが、

自分が認識している「自己肯定感」の定義と
どの程度共通していて、どの程度相違しているのか?

は気になっていました。

Q. 養成講座を受けた後ではご自身のどんな変化がありましたか? 具体的にお願いいたします。

感覚的な劇的な変化は特にありませんが、自分が思っていた事に確信が持てたのと、しっかりプログラム化されているので、伝え方への不安がなくなりました。

Q. 受講されて、全体的なご感想をお願いいたします。

年齢、性別、職業など、様々な境遇の方が参加される講座なので、きちんとプログラム化されているので良いと感じました。
具体的なワークの後の参加者同士のシェアはそれぞれの人生を垣間見えて良い機会だとおもいました。

Q. 自己肯定力ファシリテーター認定コース」を受ける前と、受けた後では、あなたの中で、どのような心的変化、状況的変化がありましたか?

受ける前は、「自己肯定感ってこんな感じ」的なフワッとした定義しか持っていませんでしたが、受けた後は、自分の中できちんと言語化されて、かつ、自己肯定感を高めるまでのプロセスも、視覚化され、頭の中が非常にスッキリしました。

T.H様(男性)のご感想

Q. この養成講座を受ける前に感じていた不安や悩みは何かありましたか?

特にありません。

Q. 養成講座を受けた後ではご自身のどんな変化がありましたか? 具体的にお願いいたします。

両親それぞれの育った環境等まで思いを巡らせることにより、両親に対する悪感情のようなものが減少していき、それぞれが可能な範囲で精一杯頑張っていたんだなという気持ちになり、両親を咎める感情がかなり小さくなりました。また、私に対して極めて反抗的な態度を示す長女は、外で周りに気を使い、気配りすること
に神経をすり減らしており、その結果として私の前では、自分の感情をコントロール出来なくなるという見方ができるようになりました。彼女は、ある意味、私の前では自分を飾ることなく本性を晒していると考えると、嫌な気分からかなり落ち着いた気分になれます。

Q. 受講されて、全体的なご感想をお願いいたします。

非常にきめ細かい指導があり、講師ご自身のことも詳しくお話していただき大変に参考になりました。 今後、自分が講師となって自己肯定感を広く広めるというイメージが確信になりしたので、これからも何卒よろしくお願い致します。

M.T様(男性)のご感想

Q. この養成講座を受ける前に感じていた不安や悩みは何かありましたか?

自分の自己肯定力を、今回の講座でどれだけ見直され、高められるかということ。

Q. 養成講座を受けた後ではご自身のどんな変化がありましたか? 具体的にお願いいたします。

自分のセルフイメージをより良いものにすることができたこと。イエスバット法で自分を肯定的に捉えることができたこと

Q. 受講されて、全体的なご感想をお願いいたします。

こんなに長い時間、自分と向き合い考える時間をとったのは初めてでした。様々なワークを通じて、新しい自分になるために、もっと勉強していきたいと思いました。

Q. 自己肯定力ファシリテーター認定コース」を受ける前と、受けた後では、あなたの中で、どのような心的変化、状況的変化がありましたか?

心的変化は、自分の思い通りに相手が言うことを聞かず、理解してくれなかったり、相手から罵倒されたり、ののしられる状況があります。その状況でも深く気にせずに、前向きに気持ちを入れ替えて、毎日を過ごすことができるようになったことです。
状況的変化は、自分の喜怒哀楽の感情を素直に表現し、周囲の人々と関わることで、自分に対しての理解を示してくれることが増えたことです。自分を飾らずに、素直な自分でいることで、前向きで明るい毎日を過ごすことができて、対人コミュニケーションもよくなりました。

M.O様(女性)のご感想

Q. この養成講座を受ける前に感じていた不安や悩みは何かありましたか?

ありました。自己肯定感を高める実感をもてるか。

Q. 養成講座を受けた後ではご自身のどんな変化がありましたか? 具体的にお願いいたします。

だめな部分を含めた自分を愛し、過去を肯定し認め、前に進んでいくこと。とくに心配性の私は「絶対になりたくない未来」を中心に考えていたが、それではいけないということを教えていただいた。また、自分が囚われていた思考のパターンについても、うすうすわかっていたのが、具体的に知ることができた。とにかくポジティブ思考、言葉がいかに大事であるか、改めて学んだ。

Q. 受講されて、全体的なご感想をお願いいたします。

自分の土台である「存在価値」をきちんと自分自身で認めることの大切さ、それがしっかりしていたら、今迄感じてきた人間関係や仕事のストレスにふりまわされることはなかったのではないかと思います。人を応援することが好きなのに、肝心の自分に対しては消極的で自信がなくマイナス思考になりがちだった自分への考えを、これを機に変えたいです。難しいかもしれませんが、習慣化して、私自身、自己肯定感を上げる実践をしていきたいと思います。

Q. 自己肯定力ファシリテーター認定コース」を受ける前と、受けた後では、あなたの中で、どのような心的変化、状況的変化がありましたか?

ポジティブな時もあるが、タイミング的にネガティブまっさかりの時期でした。人はポジティブ思考をもつことが大事であるとわかっていても、うまれつきが大いに関係しているという認識がありました。しかし、自分が育ってきたこれまでの環境、親や環境の影響を受け、それらが思い込みや暗示を形成していたと知ると、本来の私はもっと強くてポジティブなんだ、ということを知り、覆われていた鎧が剥がれていく感覚がありました。
自分の存在価値を認め、自分の応援団長になり、自分の思考パターン、ネガティブ思考傾向、マイナス感情の本当の理由を探ること等ときちんと向き合い、その自分を認め、許可してあげることの大切さを学ぶと、自分を愛しく感じることができました。また、事実と感情をわけて考えることも大事だということを頭にいれておきたいと思いました。
元々、人の話を聞くタイプでしたが、友人と話をする時など、これまで以上に、相手の発する感情に寄り添い傾聴する姿勢になっている自分に気づいています。

自己肯定力認定ファシリテーター養成講座概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. お客様の声〔子どもの自己肯定力アップ講座〕
  2. お客様の声〔メンタルマネジメント中級講座〕
  3. お客様の声 NO.3〔ベーシック講座〕
  4. お客様の声〔子どもの自己肯定力アップ講座〕
  5. お客様の声〔メンタルマネジメント初級講座〕
  6. お客様の声 〔5回連続コース〕
  7. ZOOMで講座を受講する「決めて」は何でしたか?
  8. 【ご感想】自己肯定力認定ファシリテーター養成講座 vol.1

最近の記事

  1. 新学期
  2. 整理整頓
  3. 自信がない

アーカイブ一覧

PAGE TOP