メンタルは「心の筋肉痛」を超えて強くなる! - 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

メンタルは「心の筋肉痛」を超えて強くなる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

普段あまり体を動かしていない運動不足時、急に運動を再開すると、やってくるのが筋肉痛です。
このちょっと不快な筋肉痛をどう捉えるかで、その後の体力や筋肉のつき方にも大きく影響します。

例えば、下半身の筋肉を強化して体力をつけたいとき、スポーツジムで少しハードなトレーニングをすると次の日下半身が筋肉痛になります。そんなとき「昨日のワークアウトが効いている」と痛みを受け入れてさらにトレーニングを続けるか、「こんなに体が痛くなるトレーニングは苦痛だ」とそこでやめるか、それがその先に見ている自分の理想の体になれるかどうかの分岐点になります。

ここでの筋肉痛は下半身の筋肉強化に身体が慣れるまではストレスですが、体が慣れてくると、その痛みはなくなり、筋力が高まります。

ストレスには、いいストレスと悪いストレスがあります。その状況に順応したり乗り越えることで自分の糧にできたり、自分の可能性の幅を広げていけるものは、自分を成長させることができるいいストレスです。しかし、パワハラなどあまりにひど衝撃を受けるストレスは「耐える」というやり方で順応してはいけない悪いストレスです。このようなときは、自分の力だけでなんとかしようとせず、必ず周りの力を借りてケアする必要があります。日本人は真面目な人が多いので、限界を超えて頑張り過ぎないのも大事です。

新しい環境に順応していくとき、今までにない違和感(筋肉痛)はストレスとなりますが、こうしたストレスは体だけではなく、メンタルを強化するときにも同じように言えるかもしれません。

メンタルの強化とは「心の耐性」を高めることでもあります。

日々生きていると仕事や人間関係などで何かうまくいかないとき、心が折れそうになってしまうことや、「自分なんて…」と自分にダメ出しをしてしまうことは誰にでもあることでしょう。そんなとき、「その状況を打破していきたい」、「その経験を糧に成長につなげていきたい」と思っても「心の筋肉」である「心の耐性」がないと、それを跳ね返して前に進むことができません。これがレジリエンスです。

何かあなたが辛い感情になり、心に痛みが生まれたとき、この状態を「心の筋肉痛」になっていると捉えてみてください。心の筋肉痛を感じているときに、その痛みをどう捉え、どう対処するかを知って克服できると、心の耐性を高めメンタルを強化していくことができます。
そのためのトレーニングは、まず自己肯定感を高めることで可能となるのです。それは土台に自己肯定感がないと「心の筋肉痛」の痛みを超えることができないからです。

<追記>
私たち認定講師は様々な面から「自己肯定感」を捉え、多くの人にお伝えする活動をしてますが「認定講師」にご興味のある方はこちらをご覧ください。講師になると様々な特典を得ることができ、講座開催のみならず企業研修などを開催できるようになります。

認定講師無料説明会

(文責:工藤洋一

自己肯定感をしっかりと学ぶ講座

自己肯定感と人間関係の講座

 

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ビジネスパースンのための【プラス思考と自己肯定感】
  2. 失敗して落ち込んだ時の自己肯定感の保ち方
  3. 同僚の業績に一喜一憂しない「自己肯定感の保ち方」
  4. 家族の風景が違って見えるはず
  5. 孤独を楽しむ力とは?
  6. 日本史・文化から学ぶ、自己肯定感(4)【葛飾応為】
  7. 自分の価値を認めないと、他人の価値を認められない。
  8. 自分の中に、多様性を持とう

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP