『尻を上げる』 | 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

『尻を上げる』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、日経新聞の「こころの玉手箱」というコーナーで、富士ソフト会長の野沢宏さんが創業当時にお母様からかけられた言葉が載っていました。

こんな内容です。

創業当初、大企業の下請けで苦労していると、お母さまは笑いながら、「腹が立つ相手にどうしても頭を下げないといけない時は『尻を上げる』と思えばいい」と言われたそうです。

いかがでしょう?

視点を変えるだけで、気持ちが変わると感じますよね。

子どもが苦労している姿をみて、同調してしまうこともあるでしょう。けれど、野沢会長のお母様は「頭を下げるくらいは大したことではないよ、自分の価値をさげなさんな」と笑いながら教えてくれたところが素敵ですね。

明日から嫌なことがあったら、『尻をあげているだけ』と発想の転換をすると不快な気持ちも、あっという間に晴れていくのではないでしょうか?
野沢会長のお母様は北海道のご出身で病気がちで弱弱しくみえる方だったようですが、自己信頼力(自己肯定感)は相当に高い方だったようです。自己肯定感が高い状態でなければ出来ない発想ですし、個人的には「笑いながら…」というところも重要ポイントなのかなと感じます。

(文責:工藤洋一

各開催講座のご説明

開催講座の地域別検索ができます
北海道宮城県茨城県埼玉県東京都神奈川県千葉県愛知県大阪府兵庫県岡山県石川県徳島県香川県熊本県

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 心配への効果的な対処の仕方
  2. 日本史・文化から学ぶ、自己肯定感(3)【江戸っ子】
  3. 相手のせいだと思っていた嫌な気分は、他の誰でもない、自分に理由が…
  4. 不幸は人から人へと“感染”する(ハーバード大学の研究より)
  5. あなたは意地悪な人。
  6. オードリー・ヘップバーンは、自分を美しいと思っていなかった。
  7. 母親のイライラが、子どもを不安にさせる
  8. 日本史・文化から学ぶ、自己肯定感(5)【真田昌幸】

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP