幼児期家庭教育学級で「子育てで大切にしたい自己肯定感」オンライン講座を開催 - 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

幼児期家庭教育学級で「子育てで大切にしたい自己肯定感」オンライン講座を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2021年11月4日、新潟市豊栄地区公民館様で子育て中の親御さんを対象に、自己肯定感の基礎的知識や、人生や子育てにおける自己肯定感の大切さをお伝えする講座をオンラインで開催いたしました。

この講座は、公民館事業である幼児家庭教育学級の一環として実施され、4日の1回目が「子育てで大切にしたい自己肯定感」11日の2回目が「子どもの生きる力を伸ばす親の関わり方」がテーマとなっています。

4日の講座では、10名の子育て中のお母様が参加し、講師はオンライン、受講生はコロナ感染対策が取られた公民館の部屋で、3グループに分かれての受講という形で行われました。講師は佐藤昌子が担当いたしました。

講座の内容は、自己肯定感についての基礎的な理解と、子どもたちの自己肯定感の現状、自分の自己肯定感チェック、自己肯定感が子育てに必要な理由などで、自分の好きなところを見つけるワークや、日ごろ頑張っている自分にねぎらいの言葉をかけるワークなども行い、会場でシェアしていただきました。

シェアの場面では、お互いに拍手したり、笑ったりと、和やかな雰囲気となりました。こちらの公民館では、講座中、預かり保育も利用できるため、参加された皆さんは、日ごろの育児から離れ、自分自身にフォーカスする時間となったようでした。

ご参加の皆様からは、
・漠然としていた自己肯定感について知ることができた。
・子育てには、まず自分の自己肯定感を高めることが必要ということを知った。
・子育てでイライラすると、どうして自分を責めてしまうことがあるが、自己肯定感を意識してそういう考えを少なくしていきたい。
・自己肯定感は、大人になってからも高められると知り、希望が持てた。
などのご感想をいただきました。

今回、参加者はオフラインでしたが、リアクションがわかりやすいようにうちわを用意してくださったり、お一人ずつのマイクがあったりと、ご担当者のきめ細かいご配慮で、講師側にも皆さんの様子が伝わり、一緒に臨場感を感じることができました。大きなトラブルもなく、画面越しに皆さんの笑顔が見られて、講師としても楽しい時間となりました。

コロナ禍でなかなか対面の講座が難しい中、オンラインを通して子育て中でお忙しいお母様方に、ご自身の自己肯定感が大切であることをお伝えすることができたことを一つのステップとして、日本各地の親御さんに自己肯定感の大切さをお伝えできればと、改めて感じました。ご参加の皆様が、自分の幸せを大切にしながら、子育てを楽しんでいただけるきっかけになれば嬉しく思います。

開催に向け、ご準備くださった公民館のご担当者様と、ご参加くださった皆様に心より感謝申し上げます。
(文責:佐藤昌子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近の記事

アーカイブ一覧

PAGE TOP