日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる? | 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

日本人の自己肯定感が低い理由の一つは「遺伝子」が関係してる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています。

親との関係だったり、学校での教育だったり、幼少期にどんな遊びをしたか、栄養面、睡眠、大人になってからの家庭環境、パートナーとの関係など、数え上げればキリがないほどです。勿論、私たち(セルフエスティーム普及協会)はそれぞれの問題に関し様々なワークを通して解決策を提案できていますが、今日は、自己肯定感と遺伝子の関係についてお話しようと思います。

ヴェルツバーグ大学のピーター・レッツ医学博士らの研究で、セロトニントランスポーター遺伝子型の違いから、性格の方向性に違いがあることがわかってきました。

日本人の自己肯定感が低い理由の一つにセロトニントランスポーター遺伝子(ポジティブ遺伝子)の型が関係しています。セロトニントランスポーターはセロトニンの伝達に関係している遺伝子で、セロトニントランスポーター遺伝子には、SS、SL、LLと3つのタイプがあります。

LL型はセロトニンがよく働くタイプであり、このタイプを持つ人は精神が安定していて楽観的な人が多く「ポジティブ遺伝子」と呼ぶこともあります。逆にSS型はセロトニンが働きにくく不安状態に陥ることが多くなりますので、SS型を「ネガティブ遺伝子」と言い換えても良いかもしれません。

ご想像通り、日本人のセロトニントランスポーターの型は圧倒的にSS型が多く、人口の3分の2強を占めると言われており、LL型のポジティブ遺伝子を持っている人は人口に対して3%未満という調査結果がありますので、日本人は慎重で臆病、神経質になりやすい傾向にあるといえるでしょう。

一方、ポジティブイメージのあるアメリカでは、LL型の遺伝子を持つ人が3分の1近く、SS型は2割未満という結果があります。

日本人のセロトニントランスポーター遺伝子/SSタイプ……68.2%、SLタイプ……30.1%、LLタイプ……1.7%
アメリカ人のセロトニントランスポーター遺伝子/SSタイプ……18.8%、SLタイプ……48.9%、LLタイプ……32.3%
出典 クラウス-ピーター・レッシュ「サイエンス」1996 中村敏昭「アメリカン・ジャーナル・オブ・メディカル・ジェネディスク」1997

Youtubeなどでエクストリームスポーツ(過激な要素を持った、離れ業を売りとするスポーツ)の動画を見ていると、アジア人に比べて欧米人が多いのもこのセロトニントランスポーター遺伝子、特にポジティブ遺伝子のLL型を持っている人かどうかが影響していると考えても良いかもしれません。

ここで誤解して頂きたくないのは、ポジティブにはポジティブの良さがあり、ネガティブにはネガティブの良さがあります。最初に「高い自己肯定感が醸成されるのには沢山の要素が絡み合っています」と書きましたが、日本人はSS型を持っていてネガティブ(慎重)思考に陥りやすい傾向にあり、遺伝子は気質を決める沢山の要素の中一つなのだと「知識」として持っていることが重要なのです。

例え、先天的に遺伝子型が不安になりやすいSS型であっても、セロトニンを増やす行動(食事や運動)と、私たちがお伝えしている自己肯定感を高めるワークを通して思考癖を改善し、後天的にポジティブ思考にする事は可能です。

(文責:工藤洋一

■こちらの記事もどうぞ。

開催講座の地域別検索ができます
北海道茨城県埼玉県東京都神奈川県千葉県愛知県大阪府兵庫県石川県徳島県香川県熊本県

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

自己肯定力入門講座

「自己肯定力」スキルアップ一日講座〔6時間〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 相手のせいだと思っていた嫌な気分は、他の誰でもない、自分に理由が…
  2. ユニセフの日本の子どもの幸福度は最低水準というレポートから「子ど…
  3. 人間関係の一番の土台となる自己肯定感
  4. 自分にOKを出す方法
  5. レジリエンス(折れない心)は自己肯定感でつくる
  6. 「傲慢」と「高い自己評価」の違い
  7. 自己肯定感を高めるマインドセット(4)自分の価値を証明しなくても…
  8. 親は「叱る」より「ほめる」ことが苦手~「ほめ写」プロジェクトの調…

最近の記事

  1. 整理整頓
  2. 自信がない

アーカイブ一覧

PAGE TOP