怒りのコントロールに問題をもつ人と自己肯定感(1) | 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

怒りのコントロールに問題をもつ人と自己肯定感(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

怒りのコントロールができない人が引き起こす「あおり運転」をはじめ、家庭や学校、職場、そして電車の中や路上など、様々な場面で起こる暴力行為が社会問題になっています。

「アンガーコントロールトレーニング」を著したエマ・ウィリアムズとレベッカバーロウは、怒りをコントロールできない人の一般的な特徴に、「高いレベルの緊張」や「高い衝動性」、「共感性の乏しさ」、「低い欲求不満耐性」、「ストレスに対処することの困難」、「アサーティブネスの問題」とともに、「低い自己肯定感(セルフエスティーム)」をあげています。

「低い自己肯定感」が、孤独で他者から阻害され、他者から偏見を持たれていると感じやすくなるために、他者との関係に問題を抱えやすくなります。そこで自己価値を保とうとして攻撃的にふるまってしまうのです。

怒りのコントロールに問題をもつ人は自己肯定感が低い傾向が指摘されています。

攻撃的な人は、自分の行動に責任を持たず、たいてい他者のせいにして自分を正当化しようとします。

「相手が私をイライラさせる」「相手が悪い」から、相手を非難することによって、自分自身を納得させ、攻撃的行動を継続させますが、そうすることで自分の責任ではないことにして、自らの行動を変える必要がないと正当化するのです。

これは、自己肯定感が低いために、自分の攻撃的な(ネガティブな)行動に責任をとることは、結果として自己価値を脅かすことになると考えているため、責任を他者に転嫁することで自己価値を保とうとしているのです。

自己肯定感は、自分をどのくらい肯定的に見ているか、「自分が自分についてどう考えどう感じているか」によって決まる感覚のことです。

自己肯定感は自信の土台となり、効果的にコミュニケーションできるかに密接に結びついています。自己肯定感が持てていると、自己価値を感じられているので、他者からの承認を得ることを、それほど心配する必要がないため、どんなときも「自分自身でいる」ことができます。

しかし、自己肯定感が低いと否定的な自己評価をしているため、それが否定的な他者評価とつながり、他者から否定的に見られていると感じやすくなります。そのために他者から承認が得られないと過剰に反応し、それが攻撃的になり怒りとなってしまうのです。

怒りのコントロールが出来ない人は、傷つきやすさや安全でない感じから、自分を守るために、怒りを用いることが多く、この怒りは、自己肯定感の低さが原因となっているのです

怒りのコントロールに問題を抱えている人は、とっさに怒りを抑える対処法も、時に効果はありますが、怒りの根本の原因となっている自己肯定感」の低さを改善することが非常に重要なのです。

【開催講座内容】【メンタルマネジメント講座】【ベーシック講座】子どもの自己肯定感を上げるなら」

5回連続コース

認定講師養成コース

*Anger Control Training by Emma Williams and Rebecca Barlow (アンガーコントロールトレーニング/エマ・ウィリアムズ、レベッカバーロウ著 /訳:壁屋康洋、下里誠二、黒田治)星和書店刊参照

(文責:工藤紀子)

 

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ビジネスパースンのための【メンタルマネジメントと自己肯定感】
  2. 失敗して落ち込んだ時の自己肯定感の保ち方
  3. 自己肯定感がブームの今、本当に高めたいのなら
  4. 「個の時代」のパラダイムシフトに適応する~自分の中に羅針盤をもつ…
  5. 日本史・文化から学ぶ、自己肯定感(4)【葛飾応為】
  6. 小泉進次郎氏と自己肯定感
  7. 人間関係の一番の土台となる自己肯定感
  8. あなたは自分を過小評価しすぎていませんか?

最近の記事

  1. 新学期
  2. 整理整頓
  3. 自信がない

アーカイブ一覧

PAGE TOP