どこまで到達したらゴールなの? | 一般社団法人日本セルフエスティーム普及協会

どこまで到達したらゴールなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こどもの成長は目覚ましく、特に小さい頃は昨日できなかったことが今日できている、なんてこともよくありますよね。

母子手帳を見たり、周りのママ達の話を聞いたりしながら、ハイハイができるようになったから次はつかまり立ちができるようになるはず!と思ってワクワクしながら成長を見守っているママ達も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが初めてつかまり立ちができた時、きっと周囲の人はとても喜んで、赤ちゃんに「よくできたね、すごいね」と声を掛けていると思います。赤ちゃん本人も新しくできた事、初めての景色に満足感いっぱいだと思います。でも、もし次の日赤ちゃんがつかまり立ちではなくハイハイをしていたら、どう思われますか。

「昨日つかまり立ちができたからもうハイハイはだめよ!次は歩く練習よ!」などという親はいないと思います。もう一度つかまり立ちを見たい、いつかは歩くところを見たいという気持ちであっても、ハイハイしている赤ちゃんに「昨日はつかまり立ちよくがんばったね、またやってみようね」と声を掛ける方が多いのではないでしょうか。一度つかまり立ちができたからといって、またすぐにできるとは限らないし、すぐに歩けるようになるとは思わないですものね。

こうなりたいという目標はどんな人にもあると思います。こうなれば私は100点満点だなぁと思いながら日々がんばっている大人のみなさん、100点満点を自分にちゃんとつけていますか?

がんばれば手が届きそうな目標を設定し、そこに到達した途端に、ゴールの白テープがぐんと遠くへ離れていってしまうことがありませんか。それは無意識に自分で目標を上方修正しているからです。成長はひとつの目標達成ができたことで自然に次の目標と更なる成長につながります。赤ちゃんがひとつ成長できたときに褒められるように、私達大人も小さな目標でもひとつ到達できたら、まずは自分で褒めてあげてください。

赤ちゃんの成長を日々褒めているママ達も、例えば、離乳食を朝昼晩のうち一食でも手作りした自分をまず褒めてあげてください。翌日はまた三食レトルトに頼ってしまうかもしれないけど、赤ちゃんのように進んでは戻っての繰り返しでもいいのです。小さな目標達成を日々褒めて、自分を認めてあげることが自己肯定感を育むことにつながっていきます。そして、がんばった後だけでなく、今の自分に、そのままの自分に100点満点つけられるようになると自己肯定感が確実に自分のものとなっていきますよ。

(文責:須田 彩

須田 彩 講師の担当講座一覧

【開催講座】【メンタルマネジメント】【ベーシック講座】【子どもの自己肯定力アップ講座】

LINE@では、自己肯定感の高めるワークをお伝えしていますので、お友達追加してくださいね。LINE@ID:@selfesteem

友だち追加

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「生きがい」が人生に与える影響は?
  2. 自分の意見を自信を持って発言できますか?
  3. ママの言葉で新しい自分に出会える幸せ
  4. 自己肯定感がブームの今、本当に高めたいのなら
  5. レジリエンス(折れない心)は自己肯定感でつくる
  6. リーダーが自身の自己肯定感に向き合うべき理由~心理的安全性の観点…
  7. こどもの歩む道
  8. 優しくて愛情のある人ほど、傷を受けやすい

最近の記事

  1. 整理整頓
  2. 自信がない

アーカイブ一覧

PAGE TOP